前へ
次へ

人材派遣と人材紹介はどう違うのか

人材派遣は、他の働き方と混同される事があります。
いわゆる日雇いの働き方の場合、人材紹介と混同される事も少なくありません。
派遣会社が人材紹介の案件を提示している事も多いです。
人材紹介と派遣は、雇用主に関する違いがあります。
どちらの会社も、まずは人材会社に登録する事にはなります。
しかし給料の支払い元は、派遣元になるとは限りません。
例えばAという会社にスタッフ登録したとします。
その場合、一旦はAという会社の従業員になる訳です。
そしてある日にA社から連絡が来て、良さそうな案件が紹介されました。
紹介されたのは、Bという会社です。
この場合、勤務当日はA社の従業員として働く訳ではありません。
A社ではなく、B社の従業員として働く事になる訳です。
というのもA社としては、スタッフの1名をB社に紹介している形になります。
とりあえず1日限りはB社の従業員として働きますから、給料もB社から支払われる訳です。
決してA社がお金を支払う訳ではありません。
ところで人材派遣という働き方の場合は、給料の支払い元はA社になります。
派遣スタッフですと、確かにB社のオフィスや店舗などで働く事にはなります。
しかし働いている当日は、B社の従業員になる訳ではありません。
あくまでもA社の従業員として派遣される形になります。
仕事の指示はB社から出る訳ですが、雇用主はA社という形になる訳です。
派遣と紹介は若干混同されやすいので、注意が必要です。
ただ紹介と派遣のどちらになるかは、必ずA社から提示されます。
当日どちらになるか曖昧になるケースは、殆どありません。
ちなみに日雇いだけでなく、正社員の仕事も人材紹介になるケースがあります。
転職活動する際に人材紹介会社に登録している方も多いですが、勤務初日は人材紹介会社の従業員として働く訳ではなく、あくまでも紹介先での従業員になります。
給料も、やはり上述のB社のような企業から支払われる形になります。

各種社会保険完備のため長期間腰を据えて働けます

学歴・経験不問のため未経験者も働きやすい店です

Page Top