前へ
次へ

人材派遣のメリットと扶養控除

共働きを検討している方は、しばしば扶養を気にしています。
扶養控除に入れなくなると、様々な不利益が生じる可能性があるからです。
例えば社会保険です。
すでにご主人がサラリーマンとして働いていて、その妻が扶養に入っている場合は、原則として控除の対象になります。
ご主人がサラリーマンとして働いているなら、たいてい社会保険に加入しています。
その場合、妻も社会保険に加入できる訳です。
また税金も若干優遇されます。
しかし共働きで妻が稼ぎすぎてしまいますと、扶養に入れなくなってしまう事も多いです。
人材派遣という働き方は、扶養内で働けるメリットがあります。
というのも人材派遣の場合は、短時間で働く事も可能です。
フルタイムでなく、1日4時間や5時間程度の派遣案件も沢山あります。
収入の数字が限定されると、配偶者としても扶養控除内で働けるようになりますから、前向きに検討している方も少なくありません。
あえて収入を低く抑えたいなら、人材派遣も検討してみると良いでしょう。

Page Top